Just another WordPress site

半分も住宅ローンを返せていない中で離婚する場合未払い分の返済はどうなる?

半分も住宅ローンを返せていない中で離婚する夫婦は、未払い分の返済の責任は誰にいくのでしょうか。
中でもまだ未成年のお子さんがいる方の場合、子供を育てる責任があるので別でお金を払う必要があります。まずは不動産の名義人は誰なのか、契約内容もしっかりと確認し、夫と妻両方が合意できる契約を結びましょう。家を売ってお金にするという方法もありますが、残念ながら販売価格がローンを下回る結果になると、残ったローンを最後まで支払わなければなりません。
こうした場合も考慮して検討してみてはいかがでしょうか。
念願のマイホームを決めて、いざ住宅ローンを組もうとしたけど審査に落ちた…なんて方は意外と少なくないのです。
理由として考えられるのは以下のような方です。
400万以上の年収であるかが一つの大きなポイントになります。他にも勤続年数が3年未満の方や、健康状態も判断されます。クレジットカードの支払いが遅れたことがある方は、審査落ちになってしまう可能性がとても高いです。
もし以上の点に心当たりのない方は、年金や携帯料金の支払いも支払いがしっかり済んでいるか確認してみましょう。
融資を受けるためにはこうした下準備が不可欠です。
今後、新築を購入する計画を立てている方、合わせてお金はいくら必要で、何年払い続けなければならないのか詳しく知りたい方はシミュレーションをお勧めします。
賞与などを利用した返済にするのかしないのか、返済を始める月はいつからにするのかまで設定でき、大まかに住宅ローンの返済額を計算できるので大変役立ちます。誰でも簡単にできるシステムなので使いやすく、人気商品をいくつか比べることも出来るので試してみて下さい。ただ、これが明確な数字ではないので注意しましょう。分らない点は実際に店舗に行って相談してみると良いですね。今すぐにでなくても、いつかは住宅ローンを申し込む方は手続きのために必要な諸費用を細かく調べておくと良いでしょう。
全体の約10%が手数料としてかかるようです。
金利だけで比較してみると安いと感じる銀行もありますが、ローンに加えて登録費用や保険料も合わせてみると、評判ほど安くならずに残念だったという方もいます。なので是非、ローンを組む前に総合的にはいくらかかるのか、合わせていくらになるか総返済額を調べることから始めましょう。
具体例を挙げると、事務手数料や保証料が無料の場合、それ以外で費用がかかる事もあるのでしっかり確認しましょう。



カテゴリー

▲Pagetop